2013年07月01日

スーパー研ぎ師

こんにちは、田中です。

今日は、いつも、とぎをお願いしている。

影さんが、横浜で仕事に来ているとの事でしたので、

お店にも、よってもらいました。

実は、ひそかに影さんの鋏を試してみたかったのです。

いつも、すばらしい、とぎをして頂いてもらってまして。

佐藤さんもとても、職人として尊敬しておりまして。

まさに、ゴットハンドです。

とりあえず、2丁とぎをしてもらい、

さりげなく、鋏ありましたっけ?

なんて、しらじらしく、聞いていました。

ありますよ!

目つきが変化しますよね。やっぱし!

普通のはさみで、6インチくらいでメガネタイプでパワーがあるやつを。

っと頼んでみたら、沢山だしてくれました。

3回は車に行って持ってきてくれました。

魅力的な鋏が沢山あります。

すごいよ、JAPAN

これが、日本クオリティ。

しかし、1本だけです。

お高いのです。

そして、一番手になじんだのがこれです。

P7010096.JPG

ダマスカス鋼です。古代インドのなんとかです。

まあ 日立金属製ですけどね。

しかし、いいんです、この模様が、すてきです。

そして、荷物が多かったので、いっしょに運んでみたら。

研ぐところをみしてくれるみたいな流れに。

椅子をだしてくれまして。

がんこ職人は、素人を仕事場にいれていいんですか。

やった。心のなかで、当然、ガッツポーズです。

キャンピングカーが仕事場なのですが、

なかなか、仕事しやすそうです。

広いんですね。

二個電動のグラインダーがありまして。

CDプレイヤーで音楽聴きながら

でっかいエアコンまで付いていました。

研ぎ方ですが、まずはじめに、天然砥石で手研ぎしていました。

つぎに電動グラインダー(レコードプレイヤーみたいなやつ)でクイっと

そして、バームクーヘンみたいなやつでまたまたクイっと

こっちのほうが危険みたいで怪我をしたことがあるといっておりました。

今は、おく角度を変えたので怪我しなくなったみたいです。

そうですよね、いつまでも、危険なままでは駄目です。

常に考えているのですね。

そして、おもむろに、鋏をわたせられまして。

試し切りしてみっていわれまして。

試し切りしてみました。

?よくわからない。良い感じなのか。駄目なのか。

乾いた髪では、感じがつかめない。

自信満々の目でみている。

あせります。

素直にわからないといってしまう。おろかな俺。

そして、濡れていないとわからないです。と言ったら。

砥石用の水スプレーで髪を濡らしてくれる。やさしい佐藤さん。

今度はわかります。切れます。

しかし、おろかな俺は、もっとパワーがほしいなんて、意味わかんないこと言っちゃたりして。

優しい職人さんは、すぐ理解してくれて、

別の砥石5000でささっと直してくれまして。

試し切りしたら、パワーが上がっていました。

おそるべしスーパー職人

どうやら、僕はハードな感じが好きなんだねっといってくれました。

ありがとうどざいました。

ちなみに、砥石は1000〜5000くらいが人工石で20000くらいは天然石みたいです。

5000くらいがハード  20000くらいがソフト

みたいです。

天然石はとても高価みたいです。

あたりはずれがあるみたいで砥石屋さんでは乾いた状態でチェックしなければ

いけないみたいで、難しいといっておりました。(濡らせばわかるんだけどね)みたいな

はじめの状態が20000でソフトな研ぎで、自分はあわなっかったのですが、

こっちのほうが高い石!

安い石のほうがすきなんて、

熟練してくるとソフト系がいいみたいな感じだったので、次回は20000でたみめしてみたいと思う。

まだまだ。キャリア20年では甘いみたいです。

5年後くらいには、なんとかもう1段上に行きたいとおもいますので。

頑張ってやめないでくださいね。

研ぎ師、なかなか面白そうですね。もう少し若かったら、弟子にしてもらいたいくらいでした。

弟子いないみたいなので、技術と物理ができて、気が利く辛抱強い若者どうですか?

カージュ 田中





【関連する記事】
posted by masaki at 18:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。